結婚式を挙げないなんてもったいない

結婚式を挙げないなんてもったいない

人生における一等重要な3つのイベントの中でも、記憶に堅固と残すことができるのはやはり結婚式なのです。そういったことからも大きな理由がなければ結婚式というのは是非行うべきです。

たった一日のことではありますが、その先の人生でも切っての大きな幸せであるといえるのではないでしょうか。2人にとって大切な一日を、惜しみなく祝ってもらいましょう。

生まれた時の自分の状況というのは、がっしりと把握していませんし何より思い出として残っていることはないでしょう。やはり結婚式の一日というのはとにかく幸せなものです。

最高に幸せな一日というのは、夫婦にとってとても大切な思い出になり、人生におけるとても大切な宝物になるはずです。式をあげるなんてもったいない、と思われるかもしれませんが、全くもったいないのかといえばそんなことはありません。

お葬式というのは自分が亡くなってからですので、自分が憶えてることなんてまずありえません。長たらしい人生の中でこれほどの大きな幸せを感じることができる日はまずありません。

1回目は自分が生まれた瞬間、2回目は結婚式の時、そして3回目がお葬式になります。人生において自分が主役になることができるのは3回だといわれています。